オーディション写真に関しての対策も指導してくれる学校

オーディション写真に関しての対策も指導してくれる学校

レッドカーペット

芸能学校とは?

芸能学校とは簡単に言ってしまえば、俳優や女優などの役者を目指している人たちの養成学校です。
役者に必要とされている基礎的な技術や知識を身につけるためのカリキュラムに特化しているところが特徴で、演技力だけではなく表現力なども勉強できるようになっています。また講師として現役で活躍している役者や芸能プロダクションの社長などが起用される場合もあるなど、現場の声や体験に直接触れられるところが芸能学校の魅力です。

主な授業内容

芸能学校の主な授業内容は学校やコースによって異なっていますが、基本的な発声や滑舌などのレッスンや感情表現及びトーク力を身につけるための実践レッスンが中心となっています。座学よりは実演など体を直接動かして学ぶものが多く、カリキュラムによってはメイク技術や演技、ダンスなどの様々なレッスンを受けられるところもあるようです。
また芸能学校の中には高等課程のものもあり、そちらでは高等学校の基礎カリキュラムである国語や数学、英語などの一般的な授業も含まれています。

オーディションなども受けることが可能!

芸能学校の最大の特徴は、芸能プロダクションや事務所と繋がりを持っているところが多い点です。
そのため芸能学校を通じて実際にドラマや映画などのオーディションを受ける事も可能とされており、学校に通いながら芸能活動に参加する人も少なくありません。またオーディション対策として写真の撮り方や写り方に関してのレッスンも受けられるので、授業の一環として学校側がオーディションを推奨しているところもあるようです。

舞台役者とテレビ役者の比較

舞台役者の場合は「演技力」で勝負が出来る

俳優を目指す人が活躍する場所のひとつとして知られている「舞台」は、1ヶ月以上続く稽古の中で確かな演技力や表現力を身につけられるところが最大の特徴です。役に入るための時間も長く与えられているので演技に集中しやすく、稽古での緻密な打ち合わせの元で役を表現していくので役者としての質も高められます。
また舞台によっては歌唱力も求められているほか、マイクを通さずにセリフを言わなければいけないので発声や滑舌のレベルも高い水準を求められるところも舞台役者ならではの傾向です。

映像だからこその緊張感があるのがテレビ役者

舞台役者とはまた違った演技力や表現力が求められているのがテレビ役者であり、その最大の特徴は短期間で役作りをしなければいけないところです。稽古の時間などもほとんど取れないためすぐに本番撮影に入るケースも多く、舞台と違って多方面から撮影されるという環境の違いも大きな特徴となっています。
映像や撮影を意識していく必要があるため、多角的かつ客観的に自分の演技や表現を考えられるようになると言われています。

芸能学校で基礎を身につける!

俳優や女優を目指す場合、最も必要とされているのが基礎的な技術や知識です。オーディションそのものは写真などの書類選考を通過すれば誰でも受けられますが、合格するためには基礎を身につけていなければほぼ不可能だと言われています。
芸能学校であれば実践を通じて的確な基礎的な技術や知識を身につけられますし、オーディション対策も行われているので確実な合格を目指せるようになります。だからこそ、演技や表現力に関して全く技術や知識がない人であれば、まず芸能学校で基礎を身につけるのがおすすめされているのです。

広告募集中